新たな悟り2。。(この世界の初めりと終わり)

前の記事で、今年の初めの新たな大きな気づきの話を書きました。

実は、そこに書いただけではなく、

一つの記事では書ききれない深い内容がありました。

その一つが、

今までグレーゾーンだったこの世界の始まりと終わりの

壮大なビジョンが深いところの理解が起こったのです。

なんだそういうことだったのか

という大きな気づきがあったのです。

これを言葉で伝えるのは、不可能です。

しかし、可能な限り言語化したいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

完璧な増えることも減ることもない

大いなる源(GOD)がありました。

完璧な愛、永遠の幸福。。。。言語を超越したエネルギー

ある時、大いなる源(GOD)が延長し

Child of light(CL)を生み出しました。

GODとCLは分離はなく一体です。

CLはある時、ふと妄想を描きました。

もし、GODから離れることができたら、どんな風になるのだろう?

その瞬間、壮大な夢の宇宙が創造され、沢山の平行宇宙、沢山の次元、

数兆の銀河、惑星、人、動植物、宇宙的生命、あらゆる歴史が誕生しました。

(↑妄想なので実際には実在していません)

それとほぼ同時に、その夢(妄想)は終わり、

CLは大いなる源(GOD)と共に存在し続けています。

実際に今もそれが実在です。私たちが見ている世界は存在していません。

時間という幻想の外に出ると、赤字の部分がはっきりわかります。

お釈迦さまも、イエスも、老子も、歴史上の覚者・聖者といわれいる人たちは

それに気づきました。

じゃあ?、今の私たちはなぜ、このような夢の世界を見ているの?

という疑問がでてきます。

実は、宇宙という夢は終わっているのですが、夢の中の人物たちは、時間を延長することは可能であり

CLの夢を見ている分裂前の一つの意識の大いなる源(GOD)の記憶にアクセスし、

目覚めるという選択を夢の中の登場人物がし続ければ、目覚めることが可能なのです。

すべての人は最終的には、その選択を行い、完全に宇宙の夢は消え去ります。

実際には、もう終わっていることですが、夢の中では終わっていないといえます。

上記の青の部分は思考では理解することはできません。

輪廻転生という夢の中では、それぞれの人生の目的があるといえます。

しかし、それも宇宙という壮大な夢の中のことで、真の目的を見出したら、

仮の目的は意味を失います。

仮の目的を追い続けると、

輪廻転生という夢の輪から抜けることができなくなります。

夢の宇宙の中では、何十億年、輪廻転生し、探し続けても求めるものは見つかりません。

夢の宇宙では希望をどこかに探しても、最後は絶望に終わり、

最終的に目覚めることを選択するのです。

すべての人の人生の目的は目覚めることといえます。

続く。。。。

サンクスキャンペーン

在宅の今だからこそ、
心の奥にある真の幸福を発見する
チャンスが来ました!

ゼロ次元シフト・プロデューサー
真理探究家の地球ひろしが
その秘訣を語った動画をプレゼント致します。

詳細は、下記より

https://bit.ly/2AcwtPk

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です