新たな悟り5(苦悩の根源)

前の記事の続きです。

新たなる悟り1

新たな悟り2(この世界の初めりと終わり)

新たな悟り3(この世界ができたプロセス)

新たな悟り4(目覚めのプロセス)

まだ読まれてない方は、

先にそれらを読んでくださいね」

世界には様々な問題や悩みがあります。

では、

それらの問題の根源はなんでしょうか?

 

実は、すべての問題、悩みは、

一つのことから生じています。

 

下記の図をもう一度見てください。

レベル2で分離が起こりました。

(実際には起こっていませんが)

ここからは、「新たな悟り3」の復習です。

妄想意識(DC)は大いなる源(GOD)を

わざと忘れて、自分が動き回れる時空を

イメージし自分の意識を沢山の小さな意識に

分裂しました。

その小さな意識をさらに分轄し、

それを繰り返していきました。

分裂の先の小さな意識(魂)は、

ほとんど大いなる源(GOD)を

思い出すことができなくなりました。

妄想意識(DC)が、自分が動き回れる時空を

イメージし沢山の小さな意識に分裂した際、

あることが起こりました。

 

それは、大いなる源(GOD)から離れて、

本当に大丈夫なのか?

 

何か悪いことをしたのではないか?

という恐れが発生しました。

大いなる源(GOD)から分離して

しまったという分離感から

原初の恐れが生じたのです。

これが世界のすべての問題の底にあります。

もう少し、話を進めると

その原初の恐れから、

それをとりはらうために、

その思いを潜在意識の底に抑圧し、

他人を攻撃することにより、

スッキリし、

そのことを忘れることが可能と

なったのです。

まとめると

原初の恐れ→恐れの抑圧↓

他人(他のもの)への責任転換

それと同時に

限定された愛(Limited Love) LL


限定された憎しみ(Limited hate) LH

が生じました。

限定された愛(LL)は、

聖なる意識が記憶している

一体感を取り戻したいために

永遠の愛を限定された相手、

限定された時間で得ようとします。

しかし、必ずそれは崩れます。

どんなに永遠の愛を誓った相手でも、

自分の意にそぐわなくなると

限定された憎しみ(LH)に変化します。

また時間とともに必ずそれは変化します。

 

しかし、妄想意識(DC)は、

自分がイメージした世界(レベル3)で

それを得ようとするので

永遠の魂という概念を作り出し、

輪廻転生しても

変わらない永遠の愛があると妄想します。

 

限定された憎しみ(LH)が発展し

国家間の関係となると戦争となります。

しかし幸いなことに、限定された憎しみ

(LH)が続くことはありません。

なぜなら、限定されているからです。

時間が経てば必ずそれは変化します。

 

すべての人、モノを永遠に憎み続ける

ことは不可能なのです。

すべての人は、

レベル1で体験していた永遠の一体性、

永遠の愛を求めます。

しかしレベル3では、

それは絶対に得られないのです。

だから、レベル3では

限定された愛(LL)と
限定された憎しみ(LH) 

の間の関係を繰り返すのです。

(これは男女間だけでなく同性間や家族間、

物に対する関係も同じです)

それらがあらゆる問題や

ネガティブな感情を発生させます。

孤独感、嫉妬、喪失感、

怒り、憎しみ、罪悪感

悲しみ

続く。。。。

サンクスキャンペーン

在宅の今だからこそ、
心の奥にある真の幸福を発見する
チャンスが来ました!

ゼロ次元シフト・プロデューサー
真理探究家の地球ひろしが
その秘訣を語った動画をプレゼント致します。

詳細は、下記より

https://bit.ly/2AcwtPk

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です