“第三章、 I 犠牲のない贖罪”